2006年 02月 21日
#1139  STILL「PALE FACE」 1985年作 
e0062905_10384472.jpg

Designed by TAKAHASHI TOSHIMICHI
Pix by MIKIO ARIGA

STILL「PALE FACE+2」 TKCA-30243 WAX RECORDS 1991
STILLの情報
恒松正敏の最新情報

“ 旅に病で夢は枯野をかけ迴る ” 松尾芭蕉



'85にストロベリー・レーベルより発売された4 曲入りミニアルバムに
'84年に発売された1st Singleを本シリーズ用に特別編集したアルバムの初CD化!
全曲プロデュースは恒松正敏(ex Friction, ex E.D.P.S)。
フィメール・ロックの最高傑作 !

e0062905_10422248.jpg

e0062905_10425143.jpg

                  1. Sa・Ma・Yo・I
                   Music+Words by STILL

                   行ったり来たりの知らない所で
                   私は何処へ行けばいい
                   後にも先にも進めない
                   ひとところに立往生

                   本当のことを教えて
                   隠してるのは解かるけど
                   袋小路に追いつめて
                   何があると云うの

                   行ったり来たりの知らない所で
                   私は何をすればいい
                   忘れ物をしたみたいに
                   意識の中に穴があく
                   鍵をかけて荷物をしまい込んで
                   素知らぬ振りをしてるけど
                   ほんの少しでいいから
                   扉を開いてみせてよ

                   けして開かない硝子窓の
                   向こう側から
                   いつも見降ろしているだけ

                   Vo,B:Toshie
                   Key:Mikako
                   G:Sasaki
                   Drs:Teiyu ( jagatara )

 

                  2. Real Time
                  Music+Words by STILL

                   時間の中心で何をしてるの
                   体の真ん中でで何を見てるの

                   仮面を付けて踊ってみせてよ
                   道化師みたいに踊ってみせてよ

                   何処にでもあるような
                   目をしてみても
                   体だけが遠く遠く遠く‥‥‥
                   逃げてく

                   遠く遠く遠く‥‥‥
                   逃げてく



                  3. Sweet Warm Rain
                  Music by Mashima / Words by Toshie

                   淋しさは雨にも似て
                   黄昏時に空へ昇る
                   灯りのない夜空の下で
                   柔らかな布のように
                   静けさが私を包み込む

                   静寂に身を委ね
                   広い海に沈むように
                   中で溺れてく
                   淋しさは雨にも似て
                   黄昏時に空へ昇る

                   oh ⋯ still falls sweet warm rain
                   けだるいまどろみの中で思い出すのは温もり

                   ※降り注ぐ雨はとても暖かく
                   セピア色の想いの中で
                   溢れだす sweet warm rain
                   私の頬を濡らす
                   sweet warm rain
                    私の頬を濡らす
                   ※ sweet warm rain



                  4. 時の砂
                   Music by Mikako / Words by Toshie

                   朝の砂のみち走り抜けて
                   光りの粒追いかけ追いかけ
                   つかまえても手の中から逃げてゆく
                   捕えどころないまま手の中から落ちる

                   何もかもさらさら さらさらと
                   形を残さずに通り過ぎるから
                   私の元には何も残らない
                   心は空っぽ 心は静か

                   やっと握りしめても掴みどころなく
                   砂時計みたいにこぼれ落ちる

                   黄金色(きん)の砂の中 
                   埋もれて
                   跡形もなく消えてゆく
                   黄金色の輝く
                   砂の中
                   埋もれて 消えて
                   埋もれて 消えて
                   埋もれて 消えて‥‥‥
                   砂の中 消えてゆく



                  5. Just A Song
                   Music by Mashima / Words by Toshie

                   悲しい歌を歌う時には
                   悲しみなんて見せないの
                   悲しい歌を歌う時には
                   涙なんて見せないの

                   悲しい歌にはブルーな気持を
                   そのまま見せないの
                   悲しい歌にはリアルな気持を
                   そのまま見せないの

                   都会を突き抜ける
                   地下鉄に乗る時には
                   熱い心なんて
                   何処かへ置いてくるのよ
                   何も見えない窓ガラスの
                   向こう眺めながら
                   ただ少し時がたつの待つ
                   ひとときの偽りの Love Song

                   悲しい歌を歌う時には
                   想い出なんていらないの
                   悲しい歌を歌う時には
                   迷いなんていらないの

                   悲しい歌には沈んだ気持を
                   そのまま見せないの
                   悲しい歌には本当の気持を
                   そのまま見せないの

                   都会を突き抜ける
                   地下鉄に乗る時には
                   昨日までのことは
                   何処かへ捨ててくるのよ
                   駅にすべりゆく地下鉄の風
                   涙さえ乾かす
                   何かにたよって紛らわす
                   ひとときの偽りの Love Song



                  6. 鏡の女
                  Music+Words by Toshie

                   ※あなた過ぎ去って行っても
                    あなたの影に
                    捕われ追いかけないの
                    鏡のように

                   思い出すらもよぎらない
                   あなたを映していたけれど
                   そこにあなたがいたからで
                   去ってしまえば元のまま
 
                   ※※映るものがなくなれば
                     後を追わない
                     鏡のように

                   ※
                   何も言わずに見守るだけで
                   あなたを映していたけれど
                   私は鏡になりたいの
                   あなたが去っても素知らぬままの
 
                   ※※
                   ※※

                   鏡のように

 

                  発売元:㈱徳間ジャパン
                  販売元:㈱徳間コミュニケーションズ  

by takahashi05830 | 2006-02-21 10:40 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://tt050830.exblog.jp/tb/2810880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rosy_velvet at 2006-02-21 20:16
すご~~く、魅惑的なお写真です!!
この女性は、プロのモデルさんですか?
Commented by easykyoto at 2006-02-21 21:25
やっぱりすごいや(^^)
眉のしっかりした女性は意志の強さを感じますね。。
Commented by takahashi05830 at 2006-02-21 23:09
▲ rosyさん、いらっしゃい。
この方はモデルではなく山東トシエさんで、
STILL のリード・ヴォーカリストです。
もし中古レコード店で見つけたら買って、聴いてみてください。
かっこいいロックです。とろけます。
ありがとうございました。
Commented by takahashi05830 at 2006-02-21 23:24
▲ひろさん、いらっしゃい。
そう、眉が濃くて聰明な美人でした。
ジャケット・デザインの打合せで
私の事務所に来られたあの日が忘れられません。
私はこの山東トシエさんを初めディレクターとメンバーに
珈琲の豆を挽いて入れてふるまったものです。
何とも懐かしい想い出です。
ありがとうございました。
Commented by XX at 2006-02-22 00:36 x
ワタシは ロックが好き とても
4歳から オルガン&ピアノを弾き始め
クラッシックから 入ったのだけれど
やがて ロックに目覚めてしまった

このような ジャケットの雰囲気
彼女の眼
とても 共感できます ステキです
Commented by アキラ at 2006-02-22 01:46 x
かっこいいです。
こういうお仕事が完成されたときなのきっと快感なのではないでしょうか。
字体も個性的な感じでいいです!
Commented by photo-de-doob at 2006-02-22 06:16
歌詞と女性の表情が重なります
自然界でもこんな表情を撮って見たいです
この写真から、そんな事を思いました
Commented by takahashi05830 at 2006-02-22 09:53
▲XXさん、いらっしゃい。
ロックっていいですよね。元気を貰えます、若い時は。
最近は、と言っても1990年から2002年までは、
ドラムンベースに嵌まっていました。
(贔屓のレーベルはGOOD LOOKING RECORDSでした)
200枚余りCDを買いました。
今は飽きてしまい、北欧のジャズをもっぱら聴いています。
ありがとうございました。
Commented by takahashi05830 at 2006-02-22 10:08
▲アキラさんへ。
ほとんどモデルの山東さんと写真家の有賀さんの力です。
私はでしゃばらないようにレイアウトしただけです。
読み難いけどSTILLにぴったりの字体を選びました。
ありがとうございました。
Commented by takahashi05830 at 2006-02-22 11:49
▲photo-de-doobさん、いらっしゃい
なかなかいい歌詞でしたでしょう。
この詩は音楽にのせて聴くと更に心にしみます。
音が詩の世界を広げ高めるので。
中古レコード店で見つけたら即買してください。
ありがとうございました。

追伸:歌詞を全て投稿いたしました。
Commented by MASHIMA at 2006-08-02 14:20 x
はじめまして。 それから、今更の書き込み、ごめんなさい。

私、STILLのメンバーでした。このアルバム『Pale Face』でベースを弾いています。『スイート・ウォーム・レイン』は私が作った楽曲で、曲中の「レイン」という低音ボイスも私です。

その節は本当にお世話になりました。誠実なお仕事をしていただいたことを(今更ですが)感謝します。

このアルバムの制作はプロデューサーの恒松さんをはじめ、カメラマンの有賀さん、現場のスタッフの方々、激励に来てくださった音楽仲間達など本当に多くの方々の誠意に支えられていました。
今、こうして語っていただくことも含め、誇りに思っています。

掲載してくださって、本当にありがとうございます。
Commented by takahashi05830 at 2006-08-02 22:31
▲MASHIMA、はじめまして。
ようこそ、いらっしゃいまし。
ジャケットデザインの打ち合わせで
芝さん、山東さん達が
私の事務所に来られたのですが、
その時には来られなかったのですね。
あれから二十一年が経ってしまいました・・・・・。
ありがとうございました。
追伸:「低音ボイス」を明日にでも聴き直してみます。
   他のメンバーの方にもよろしくお伝えください。
Commented by Drian Grey at 2007-01-06 19:56 x
「STILLの情報」のページを作成しているものです。
上のようなページを作ってはいますが、STILLについての情報はほとんど持っておらず、いろいろ知りたいと思って作成して8年くらい経っているのですが、ついに来たか!という気分です。
と言いながら、このページには長い間気がつかないでいて不覚です。
いろいろ教えて下さい。よろしくお願いします。
Commented by takahashi05830 at 2007-01-07 09:03
▲ Drian Greyさん、はじめまして。
ようこそいらっしゃいまし。
そうでしたかDrian Greyさんのサイトでしたか。
私もジャケット・デザインを担当しただけで、
これ以上の情報は持っていません。
ただプロデュースされた恒松正敏氏の
↓オフィシャルウェブサイトを知っている位なものです。
http://art.mars-inc.net/tsunematsu/
ありがとうございました。
追伸:恒松氏のアルバムはデビュー・アルバムを初め
二枚↓ジャケット・デザインをしています。
http://tt050830.exblog.jp/2490081/
http://tt050830.exblog.jp/2526959/
Commented by hayashi at 2008-05-31 01:38 x
はじめまして。 hayashi と申します。
このSTILL 『PALE FACE』で、ギターを担当しています。

このジャケットの撮影時にはメンバー全員立ち会いましたが、
その後のジャケット関係の作業には、私は立ち会いませんでした。

有賀さんは、当時は一若手カメラマンという感じでしたが、
その後の大活躍を知ると、こんなすごい人に写真撮ってもらったんだと、
光栄に思っております。

私は1990年代以降は表舞台に立っていませんが、現在、
シニア・ロック・ギタリストとして、復活の機会をねらっています。

MASHIMA君。お久しぶりです。
ジェフィーはどうしてるのかな?また会いたいですね。
Commented by takahashi05830 at 2008-05-31 18:40
▲hayashiさん、はじめまして。
ようこそいらっしゃいまし。
デザインは有賀さんの写真の力に負う所が大です。
hayashiさんと同様にお会いしたことがないのですが、
有賀さんは日本人唯一のThe Rolling Stonesの
公式カメラマン等活躍されているようですね。
久し振りにSTILL「PALE FACE+2」を聴きながら返事を書いています。
何度聴いてもhayashiさんの浮遊感溢れるギターの音色は見事です。
STILLを“再結成”してアルバムを出されましたら是非ご一報下さい、買い求めますので。
コメントありがとうございました。
Commented by hayashi  at 2008-05-31 21:19 x
高橋様  さっそくのご返信、ありがとうございます。
タイミングの悪い投稿で、申し訳ございません。
昨日、偶然このページを発見し、驚きのあまり送信してしまいました。

このアルバム録音時には、自分のアイデアの全てをつぎこんで
演奏したつもりですが、今聴いてみると、気になる部分もあります。

音楽の研究はずっと続けてきました。
いつも頭の片隅では、ギターの事を考えていました。

シニア・ロック・ギタリストとして復活したあかつきには、
またご連絡いたしますので、よろしくお願い申し上げます。
Commented by takahashi05830 at 2008-06-01 12:58
▲hayashiさん、いらっしゃいまし。
見事復活されますようにお祈り申し上げます。
楽しみなことが一つ出来ました。
ありがとうございました。
Commented by 日本のロックを考える at 2015-01-25 15:51 x
はじめまして、今ここにきてありがたい情報に喜んでいます。このサイトを自分のブログにも紹介したいです。
Commented by takahashi05830 at 2015-01-26 19:12
▲「日本のロックを考える」さん、ようこそいらっしゃいまし。
是非、ご紹介して下さい。
facebookとTwitterもやっています。こちらもどうぞご覧下さい。

facebook「高橋敏道」1月26日(月)更新
https://www.facebook.com/profile.php?id=100004446042369

Twitter「高橋敏道」1月26日(月)更新
https://twitter.com/takahashitoshi4


<< #1140 「阿蘭陀海芋」 2...      #1138 「イド #16 -... >>