2006年 03月 04日
#1167 「あぶらだこ」 1985年作
Debut Album
e0062905_9504214.jpg

28JAL-3021 あぶらだこ  STEREO JAPAN RECORDS
Designed by TAKAHASHI TOSHIMICHI
1st Album " あぶらだこ" の情報

“ 鳥の餌の草摘みに出し余寒かな ” 杉田久女



" あぶらだこ のHP "

タスキ付 フロント・カバー
e0062905_9525261.jpg

バック・カバー
e0062905_9533290.jpg

ライナー
e0062905_9543178.jpg

                  フ ァ ー ス

                  億の神が地下水で眠っている
                  虚栄の壁は囚人の壁画
                  あと僅かの純白な細胞
                  腐ってしまえば否定の否定
                  来る日も来る日も臭い夢ばかりさ
                  疲れた疲れた虚像に疲れた
                  こんなに生きても全々生き足りない
                  こんなにおかして おかしきれない
                  静めるんだ 静めるんだ
                  そこを過ぎればガラスの骸骨




                  S 60

                  60年代




                  ロ ー ハ イ ド

                  よくもこんな鬼面の中二本足で
                  鼻を開き耳を開き口をつぐみ
                  時間はもう完璧に疲れ果てて
                  咲くべきのない使者は一人ただ宙を漂う
                  一人さして二人さして三億で英雄
                  脆弱の中で一人裸体をすて去る
                  幻想の肩書は口ぐそも忘れる
                  眼鏡の螺旋はもはやゆるみかけて

                  どうしてこんな所で酸素ばかり
                  仕方ないどうでもいいどうでもいい




                  象 の 背

                  なぜ生きているのか分からなくて一人で外に出てみる
                  もっと自由の偽善の嘘で楽しく暮らしたかった
                  僕らの未来は全々暗くないと信じてみる
                  嫌れ者の行く先は聖人を超えて快感
                  貧困の翼を靡かせて歩く象の群れの声
                  象の上に乗って君らをみんな踏み潰してあげたい




                  翌   日

                  青い太陽は、どこにでもいるし
                  宇宙のように生きたいと思うし




                  生 き た 午 後

                  今まで許した事などない
                  マグマの中から見張ってる
                  36℃は暑すぎる
                  空家の小猫が気を落とす

                  君の気持は分からない

                  三才児の天才が造った物などどこにもある
                  逃げて、逃げて、逃げて‥‥‥‥‥

                  異常な期待は羞恥の念
                  サタンの広い眼、神、農民
                  己が欲望されている
                  さあ仕事、さあ逃げろ

                  汝を信じられるものが
                  あったと仮定してみて
                  千里の荒野に踊る
                  一輪の花に唄う




                  ダ ー ウ ィ ン の 卵

                  資本淘汰の種の根源
                  突然変異の今
                  生存闘争で蛸敗れ
                  墨を吐いて立ち下がる
                  結論、形能的、機能的な
                  意志は同種の変化により
                  遅かれ早かれ無我夢中の
                  適応拡散によじ上る

                  早く早く歩いてここまで来て
                  せめての間は一人で走る

                  貧乏で出現の根源
                  突然家出の今朝
                  見えざる死にざる着かざる
                  骨のずいまで青い鳥
                  大変化は開拓の労働により光りに守られ
                  あと先もなにも考えずに卵の中から蘇る




                  テ ィ ラ ノ の 非 苦 知

                  膜を破り 海に出る
                  舌が腐り 天に入る
                  貴公の靴 風呂の臭い
                  天が天が点になる
                  天は死に 救われる
                  虹がかかり ティラノザウルス
                  海で溺れ 小山になる
                  ガソリンで 暖ためよ
                  二㎝のはげの威力
                  火星からティラノの夢

                  足がはまり 異人に成る
                  知恵が進み 凡人に成る
                  奥の虫歯 地底を蹴る
                  土の香り 姫の香り




                  バ  イ

                  父が死に母が死に僕が死に僕は死ぬ
                  この人は、THIS人
                  GIGIが死にBABAが死に君が死に君は死ぬ




                  パ ラ ノ イ ア

                  打ち砕かれたのは
                  43 回 目の 春
                  霧の中で遊ぶ
                  7人の小人の山

                  救われたのは
                  ユダの紙切れ1つ
                  黄泉の国から
                  プランクトンの嵐

                  気がつかなかったのは
                  後から4つ 眼が
                  2つとも遠くを見る
                  冷たい血管の中まで

                  ただ うろたえる
                  ただ うろたえる
                  忘れかけたのは
                  ただ うろたえる




                  発売元:㈱徳間ジャパン
                  販売元:㈱徳間コミュニケーションズ  

by takahashi05830 | 2006-03-04 10:05 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://tt050830.exblog.jp/tb/2902544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ** cafe de l.. at 2006-03-07 22:34
タイトル : うすあかね
                       羽ばたきに                         優しき彩り                            うすあかね                                        words by rosy         ※高橋敏道さんの『#1167 「あぶらだこ」 1985年作』にTB♪ ... more
Commented by easykyoto at 2006-03-04 23:15
色といいたすきのインパクトといい。。
すごいですね、言葉になりません(^^)
この木は何をモチーフにされたんですか?
Commented by takahashi05830 at 2006-03-05 10:15
▲ひろさん、いらっしゃい。
“あぶらだこ”のLIVE は何度も
今は無き新宿のライブ・ハウス“日清パワーステーション”
(1998年に閉鎖)へ聴きに行きました。
実に不思議なバンドで、惹き込まれました。
気が向いたら、聴いてみてください。
モチーフは今度カメラマンに会ったら聞いてみます。
ありがとうございました。
Commented by rosy_velvet at 2006-03-07 22:30
こんな素晴らしい作品へのTBを申し出るのはたいへん
おこがましいのですが。。
わたくしの過去記事にTBさせていただきたく思います。
もしも不都合な場合は遠慮なくおっしゃってくださいませ。(=^^=)
Commented by takahashi05830 at 2006-03-07 22:47
▲ rosyさん、いらっしゃいまし。
不都合なんて全然ないです。
TBをして頂き、ありがとうございました。
素晴らしい! まさに同じ感性をされています。
ありがとうございました。


<< #1168 「十五夜蟋蟀図」 ...      #1166 「南方憧憬 - 1... >>